40代独身男の答えのない日々の本音

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代独身男の答えのない日々の本音

40代で無職になったおっさんが本音を語る

夜型の生活は直すべきか?

どうして夜型になるのか?

退職してから、生活が夜型になってしまいました。

もともと夜型の生活だったのですが、寝る時間が午前2時すぎることが多くなりました。

遅いときは明け方4時頃に寝て、正午前に起きる日もあります。

なぜ遅くなるかといえば、夜の方がブログや読書に集中できる習慣が身についているからです。

早起きした日は、夜遅いせいもあって午前中などは眠い状態になり、集中力を要する作業が捗らない気がします。

www.lifehacker.jp

朝型に変えることはできる?

朝型の生活をしている成功者の例や、医学的にも朝型が人間の生理に適しているという考えは否定できません。

ただ、私は朝早く起きるのが辛くなってしまい朝型の生活を続けることができません。

いろいろな方法があることは知っていますが、その方法を実行すること自体が難しい。

例えば、下記のような改善点は生活のあらゆることを変えないといけないし、仕事や会食などの外的要因はコントロールできないので実行できる人は限られています。

というか、これを実行できるぐらい意志の強い人だから朝型に治せるのです。

takuya-1st.hatenablog.jp

 

まとめ

とりあえず、夜型生活による弊害はあまりないので、しばらくはこの生活を続けます。

ブログやSNSはその日のうちに準備したいので、夜寝るまえに下書きを完成させる時間にしています。

朝型にしても、夜に飲みに行ったりするうちに夜型に戻る可能性が高いです。

目に見えるメリットがないうちは、苦労して朝型生活にするのは合理的ではないです。

いずれにせよ、睡眠不足は良くないので朝型でも夜型でも睡眠時間は6時間以上取りましょう。