40代独身男の答えのない日々の本音

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代独身男の答えのない日々の本音

40代で無職になったおっさんが本音を語る

無職男のクリスマスへの本音

嫉妬も悔しさも感じない...

無職で妻や彼女もいないので、いわゆる「クリぼっち」です。

外出すると幸せそうなカップルや家族が楽しそうに過ごしていますよね。

それを見て劣等感を感じて落ち込むんでいることをブログやツイッターで投稿している人もホントに多い!

自分も12月のはじめのころは、そういう気分になるのかなと思っていました。

しかし、実際にこの3連休になってみると、嫉妬も劣等感も、ましてや世間に対する憎しみのような気持ちは全くありません。

 

今の精神状態は?

結局「クリぼっち」が辛く感じるのは、まだ心のなかに期待が残っていて、その期待が(他の人は満たされているのに)実現できていないからではないのでしょうか?

正直、無職の現在では幸せなカップルや家族になれるという期待ができないのです。

この数か月は、やはり無職であることの罪悪感と自分の無力感を感じてきました。

もちろん、この感覚は私の場合のことで、無職でも支えてくれる家族やパートナーがいる人がはたくさんいます。

ただ今は自分の今後の生き方を真剣に考えること以外に、別のことを考える余裕がありません。

 

あまり悲観的になってはいけない

たしかにクリスマスは彼女(彼氏)や家族と過ごせたほうが楽しいのでしょう。

だからといって、嘆いていても何も変わりません。

今日は読書でもして、少しでも今後の生き方のヒントになることを得たいと思います。

 

ブログ2日目に思うこと

余談となりますが、ブログを書くのは本当に難しい...

少しでも役に立つものを書きたいのですが、全く上手く表現できません。

もっと頭を使って多くの記事を書いて早く面白いブログになるように頑張ります。