40代独身男の答えのない日々の本音

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代独身男の答えのない日々の本音

40代で無職になったおっさんが本音を語る

どんなドメインがいいか調査した結果

SEO対策

ドメイン名の名づけ方

ドメイン名の付け方は結構悩む人が多いと思います。

以前に比べるとURLを直接入力する機会が減っているので、ドメイン名のインパクトや覚えやすさの価値は低くっているようです。

しかし、電話でURLを伝えるときや、名刺を見ながらEmailアドレスを入力したりする場合は、わかりやすいドメイン名が便利です。

悩むことが多くかったので、自分のブログを始めるときに、どんなドメイン名がいいか調査してみました。

 

数字をドメイン名にする場合

<メリット>
●3、4桁までなら、英文字より覚えやすい。

ただし3、4桁の覚えやすい数字は空いていないことが多い。

 

<デメリット>
●長いと覚えにくい

●英字のl(エル)小文字・I(アイ)大文字が1(いち)と混同される

●英字のO(オー)大文字が0(ゼロ)と混同される

●上記理由でSEO的に効果が薄いことが多い

 

英字をドメイン名にする場合

<メリット>

●意味を持たせることができる

>>意味の持たない不規則な文字列にはしない(NHKなどの略語は可)

インパクトがあると覚えやすい


<デメリット>

●英語でもローマ字でも有名な単語(sonyTOYOTAなど)以外はスペルミスしやすい

●わかりやすい単語は既に使用されている

●同業者で類似ドメイン(xxxdesignとかxxxweb)が使用されていることが多い

 

まとめ

基本的には 特殊記号(ハイフン)の使用、英数字の混在は避けてください。

特別に覚えやすい数字(例:777、123、1111など)以外は数字にするメリットが少ないです。

一般的には、数字より英字でのドメインが多いようです。

英単語かローマ字にするかはターゲットユーザーで異なりますが、30代以上の日本人がターゲットユーザーと想定すると覚えいやすいローマ字がよいと思います。

SEO的にはサイト名やサイト内のキーワードなどと関連性が高い単語がよいので、できるだけそういった単語を使うとよい。

短くて覚えやすくいドメインは既に使われていることが多いですが、一度決めると変更は難しいので、未使用の適切なローマ字を探してください。