40代独身男の答えのない日々の本音

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代独身男の答えのない日々の本音

40代で無職になったおっさんが本音を語る

中年独身男性の結婚に対する絶望感

わかっていても結婚できない

私も正月やお盆などで両親や親戚に、「結婚しないのか?」「彼女いないのか?」などとよく言われます。

無職になってからは、結婚より仕事のことを言われるが、将来的に早く結婚することを勧められます。

私も「結婚はしたいけどできない」というのが正直なところ。

芸能人やスポーツ選手のようなステータスのある独身者と違い、私のような中年男性と結婚したいと思う人は少ないです。

zasshi.news.yahoo.co.jp

 

理想と現実のギャップ

自分では結婚相手に多くを求めていないと思っています。

ただ、女性の立場からは受け入れがたい理想だったりすることも多い。

詳細を書くのは控えますが、男女ともに結婚ということに譲れない条件があり、その部分で交際や結婚に踏み切れないから独身でいるのだと思います。

独身者はむしろ不幸になる結婚をするより、幸福な独り身を選択しているとも言えるのでしょう。

例えばビッグダディのように不安定な経済状態で結婚、出産、離婚を繰り返すような無計画な生き方を多くの独身者は避けたいと思っています。

結婚して幸せになるという結論が最も理想的ですが、その確率は非常に低いということを理解しているのが現実です。

 

どうすれば結婚できるのか?

一番効率的なのは、ある程度の収入があるなら結婚相談所のようなところで結婚したい人に会い続けることです。

実際に結婚している中年独身者は、このパターンが多いです。

ただし、この場合はかなり妥協を強いられることが多いと思います。

結婚という目的にために、多少の不満には目をつぶって交際するようにプレッシャーをかけられます。

そのうちに結婚に執着することが虚しくなってしまいます。

結婚する相手が本当に大切な人でなければ意味がないはずですが、結婚するという事実を優先させる風潮が独身者を苦しめています。

 

まとめ

先進国での晩婚化は共通の問題なので、この問題を根本的に解決させる策は現状ありません。

国としての問題は少子高齢化の原因としてこの問題を扱っているので、別の方法での解決が現実的です。

婚外子の育てやすい環境づくりや高度技術者の移民認定の簡易化などの方法で、他の先進国は少子高齢化対策を実施しています。

中年独身者は結婚するための努力よりも、老後の生活のための準備を真剣に考えるほうが現在の日本では現実的な選択だと思います。

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
にほんブログ村