40代独身男の答えのない日々の本音

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代独身男の答えのない日々の本音

40代で無職になったおっさんが本音を語る

アメリカの人種問題の背景を描く不朽の名作映画「ミシシッピー・バーニング」

人種問題の歴史

トランプ大統領が人種差別者だと批判されています。

しかし、本来の目的はアメリカの国益や安全を優先するという政策が、相対的に差別的と判断されることになっているように見えます。

オバマ前大統領は黒人初のアメリカ大統領であったため、オバマ氏に差別主義者などという批判は全くなかったと思います。

それは黒人はかつて奴隷として扱われ、現在でもアメリカ国内で黒人差別が存在していることが理由でしょう。

アメリカという国を理解するには、この差別の問題を理解することは非常に大切なこととされています。

アメリカ合衆国の奴隷制度の歴史 - Wikipedia

 

アメリカの人種問題の現実

アメリカには未だに黒人に対する偏見や差別があります。

実際には、侮辱するだけでなく理不尽な暴力行為を行うこともあります。

白人至上主義という思想があり、有色人種を差別することを強力に支援する団体も存在しています。

この映画は実話を基にして、その深く繊細な問題をリアルに描いている名作です。

 

人種差別との闘い

アメリカという国は自由と平等を目指し、差別や偏見がない国を目指しています。

現在では、オバマ前大統領のように黒人でも大統領になることができます。

しかし、一部の地域では黒人(を含む有色人種)に対する不当な差別が存在しています。

差別された経験がない人はこの問題を真剣に考える機会が少ないため、簡単にトランプ大統領のような人を人種差別主義者と考えてしまいます。

この映画を観ると、「人種差別による残酷さ」と「差別思想を持つ人間」の本当の怖さが理解できるでしょう。

 

補足:銃社会と差別

よりドキュメンタリーに近い映画では、マイケル・ムーア監督の「ボウリング・フォー・コロンバイン」が差別とアメリカの銃社会の背景を考察しています。

これも名作なので、ぜひチェックしてください。

 

まとめ

日本でも部落問題や在日朝鮮人に対する差別や侮辱的な行為が問題になっています。

歴史的な問題、経済的状況、宗教などの思想が背景にあるので、「差別・偏見」を適切に定義をすることは簡単ではありません。

しかし、罪のない人への不当な暴力や侮辱がない社会を目指すことは絶対に必要です。

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
にほんブログ村