40代独身男の答えのない日々の本音

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代独身男の答えのない日々の本音

40代で無職になったおっさんが本音を語る

仕事にやりがいを見出す必要があるのか?

働くことの意味

働くことは殆どの人にとって、生活するお金を稼ぐために自分の時間を費やさなくてはいけません。

お金に見合う労働を会社やお客さんに提供することには苦労があり、決して楽にできるものではありません。

このブログの筆者は、やりがいを見出せない仕事を約18年も全うし、退職後に独立することを実行されています。

18年かけて自分のやりがいの持てる働き方を確立してそれを実現しており、非常に計画性と実行力の素晴らしい生き方だと思いました。

www.osushicompany.com  

「やりがい」のない仕事はやめていい。

「やりがい」のない仕事はやめていい。

 

 

やりがいがなくても働くことはできる

仕事にやりがいを見出せることが出来れば、仕事の苦労も軽減され精神的にも満たされるようになります。

しかし、本当に心の底からやりがいを感じられる仕事をできる人は少ないのではないのでしょうか。

前述のブログでも、やりがいのない仕事を18年も続けており、独立するまでの本業として活用しています。

やりがいがない仕事といってもお金や人脈、スキルなども身に着けることができるという利点もあります。 

「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書)
 

 

 

悩み過ぎないほうが良い

やりがいがない仕事で、身体的、精神的な負担が多き過ぎる場合は転職を考えたほうがよいですが、まずは今の仕事から得られる利点に目を向けることも必要でしょう。

やりがいというと抽象的な言葉で悩み過ぎるのは苦しいと思います。

実際に働いていると、収入額や将来性や人間関係といった様々な現実的な要素によって仕事に対する満足度は変わります。

それらの要素は自分で変えていくこともできるし、自分の考え方も年を重ねることによって変わることもよくあります。

悩み過ぎて早まった決断をするよりは、仕事を生活の一部と割り切って客観的な視点を持つことで気持ちに余裕ができるでしょう。

 

まとめ

多くの人間は現状になかなか満足することは難しいはずです。

将来への不安、向上心、嫉妬、出世欲など色々な感情を持つ人間にとっては、ある意味では当たり前のことです。

しかし、仕事や人生に過度に疑問を感じたり、目先の判断だけで物事を結論づけることは良くありません。

視野を広げて仕事も人生も前向きに楽しめるように心掛けるようにしましょう。

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
にほんブログ村