40代独身男の答えのない日々の本音

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代独身男の答えのない日々の本音

40代で無職になったおっさんが本音を語る

結婚より未婚を選んでしまう理由

f:id:miran_tmg:20170408170536j:plain

生涯未婚率が過去最高

2015年に50歳まで一度も結婚したことがない人が、全男性の約23.37%、女性の14.06%いたことが発表されました。

これは過去最高の数字で、年々晩婚化と結婚をしない人が増えていることを証明しています。

国としても少子化対策として、結婚して子供を持つ家庭が増えることを期待していて、各地で結婚を促すような取り組みがされています。

しかし、なぜ今回の調査のように未婚を選ぶ人が増えているのか考えてみたいと思います。

headlines.yahoo.co.jp

 

格差の拡大と不況

一番大きな理由は、経済的理由でしょう。

非正規雇用者や正社員でも低収入の人(特に男性)は、結婚した場合の経済的負担に不安を感じたり周囲から結婚を反対されることが多いようです。

また経済的なことを考えずに結婚して子供が貧困率が上昇していることを考えると、未婚であることも正しい選択かもしれません。 

miranblog.hatenablog.com

 

自尊心を守るための選択

結婚は本来は前向きなもののはずですが、 実際は妥協をすることを周りから説得されたりして、自尊心を傷つけられる場合も多いようです。

特に低収入の男性や高齢の女性は、結婚するには妥協して相手を選ぶことを強く促されることが非常に多いでしょう。

建前では人間性の重要性を主張しても、イケメンや美人がもてはやされるので容姿の劣る人は自尊心を傷つけられます。

こういった婚活市場で弱い立場の人は、結婚条件を値踏みされたり、自分の求める理想を否定されたりして、結婚に対してネガティブな感情を持ってしまいます。 

miranblog.hatenablog.com

 

まとめ

今回の理由を考えると今後も未婚の人が増え続けることは確実でしょう。

経済成長も絶望的で格差も拡大している状況が変わらない限り、婚活やお見合いを促してみても結婚する人は増えません。

また無計画な結婚が増やしても、不幸な家庭や貧困な子供が増えることにつながり悪影響を与えることもあります。

結婚するかどうかより自分の納得する人生を送ることを心掛けて生きていきましょう。