40代独身男の答えのない日々の本音

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代独身男の答えのない日々の本音

40代で無職になったおっさんが本音を語る

後悔しない退職

f:id:miran_tmg:20170420181513j:plain

退職する若者

初めて就職した会社を短い期間で退職してしまう若者は昔から存在していましたが、ネットの普及によってSNSやブログで退職を語る人が増えてきました。

基本的にはルールとマナーを守れば、自由に会社を辞めても問題ないと思っていますが、退職するにはもったいない理由の人も多くいます。

例えば、下記の記事では仕事に不満を持つ前に「会社のノリ」が合わないというだけで退職しています。

もし、上司に相談すれば退職する気持ちも変わって、意外と楽しく仕事ができるかもしれません。

せっかく時間と手間をかけて入社した会社なら、後悔しない理由で退職することをおススメします。

headlines.yahoo.co.jp

 

違法な労働環境

違法な労働環境で働くことを強いる会社は、早めに退職するべきでしょう。

こういう会社は崩壊する可能性が高く、働いている人も精神的、経済的、体力的に無理が生じる場合がほとんどです。

退職して後悔するというより、「早く退職しないと貴重な人生を無駄にする」のではないのでしょうか?

 

成長できない

会社が働く人のキャリアを全く考慮しないで、使い捨てのように社員を扱う会社はタイミングを考えて退職してください。

スキルを身に着けることが出来ないと、その会社に依存することになりキャリアが行き詰る可能性が高くなります。

ただし、自分のやりたいことや次に働きたい会社が見つかるまでは簡単に辞めないほうがよいでしょう。

 

新しい目標

本当に自分がやりたいことが今いる会社では出来ず、なおかつ副業でも無理なら退職するしかありません。

一時の気の迷いならば問題ありませんが、本当にやりたいことを我慢すると後悔することになります。

 

まとめ

今回は概論を纏めてみましたが、やはり簡単に結論を出すことは難しいと感じました。

働き方についての記事は今後もっと掘り下げて書いてみようと思います。

 

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
にほんブログ村