40代独身男の答えのない日々の本音

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代独身男の答えのない日々の本音

40代で無職になったおっさんが本音を語る

WordPressのバックアップはこのプラグインを使いたい

WordPress テクノロジー

WordPressのリスク

WordPressは本当に便利で、しかも無料なのでブログをWordPressで運営する人も多くなっています。

しかし、WordPressを使うと、はてなアメブロのように記事を書く以外に、サーバー管理、プラグインのアップデート、SEO対策などもやらなくてはいけません。

私も経験したことがありますが、プラグインの相性やバグでデータが消えたり、画面が表示されなくなる場合もあります。

 

定期的にバックアップする

データや設定が壊れると、データが多いと元に戻すことに多大な時間がかかります。

最悪の場合は、ブログ記事がなくなったり、画像が表示されなくなったりします。

そのいった事態に備えて、定期的にバックアップを取得するようにしましょう。

新しいWordPressにバージョンアップ、プラグインの新規追加や更新、テーマの更新などを実行したときはリスクが高いのでできるだけバックアップを取りましょう。

 

バックアップする方法

直接サーバーからファイルをダウンロードしたり、データベースをエクスポートする方法もありますが、ある程度の知識と技術が必要となります。

プラグインなら簡単にバックアップを取ることができますが、ここで気になるのがどのプラグインを使えばいいのかということです。

私は「BackWPup」という有名なプラグインを使っていましたが、最近「UpdraftPlus」というプラグインを知り、こちらを使うようにしています。

ja.wordpress.org

このプラグインを選ぶ理由

このプラグインは、どこが他のバックアップ用プラグインより優れているのでしょうか?

このプラグインはリストア(復元)がとても簡単にできることが最大の魅力です。

他のプラグインでのリストアは難しくはありませんが、多少の知識が必要になり、慣れない人ではリストアができないか場合もあります。

下記のサイトでバックアップとリストアの手順が紹介されていますが、このプラグインなら技術的なことを意識せずに使うことができます。

jisaku-pc.net

mimpiweb.net

まとめ

たくさんのブログ記事を書いて、アフィリエイトをしている人にとって、作成した記事はお金を産み出す資産です。

その資産の価値を考慮してより大切に扱うことを意識するべきでしょう。

確かにバックアップやデータ管理は面倒なので、つい後回しにしがちですがこのような便利なプラグインを利用して定期的なバックアップを行いましょう。

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
にほんブログ村