40代独身男の答えのない日々の本音

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代独身男の答えのない日々の本音

40代で無職になったおっさんが本音を語る

やっぱり低所得だと辛い

働き方

貧困の現実

昨年退職して無職になったが、やっぱり低所得だと生活が大変です。

退職するまでの年収の平均は220万円くらいでした。

私は神奈川県に住んでいるが、家賃や税金は高いです。

月収は手取り15万円くらいなので貯金もほとんどできませんでした。

ただ、これは私だけでなく飲食業や介護士、少なくない中小企業のサラリーマンでも似たような境遇の人が多いと思います。

nikkan-spa.jp

 将来がみえない

転職してもっと収入が多い企業に就職しようとしましたが、年齢や技術などの理由でほとんど面接さえもできませんでした。

多くの企業は正社員を減らしているので、中途採用されるのは特別に優秀な人材か賃金の安い若者がほとんどです。

つまり、私がどこの企業に就職して同年代の人に近い収入を得ることは不可能に近いということです。

今のままでは、最低限の生活がやっとなのだから、車や家の購入など考えられない状況です。

これからの生き方

今の収入では老後や病気になったときは危機的な状況になるのは明白です。

したがって、給与所得以外にお金を稼ぐ方法を探す必要があります。

まずは副業ができる会社で働くのが現実的だと思っています。

低い給与で夜遅くまで働かせるような会社は選ばず、(採用されるかわかりませんが)低収入でも拘束時間が短い会社で働こうかと思っています。

副業が許可されている会社を探すほうが、高収入の会社を探すより現実的です。

どんな副業をするのかは今年も試行錯誤していきます。

まとめ

おそらく日本の景気は今後良くなる可能性は非常に低いと思います。

仮に良くなったとしても私のような人がその恩恵を受けることはありません。

今年はお金を稼ぐことにもっと真剣に向き合っていきたいと思います。