40代独身男の答えのない日々の本音

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代独身男の答えのない日々の本音

40代で無職になったおっさんが本音を語る

ペットを飼うことの責任の重さ

f:id:miran_tmg:20170409164303j:plain

動物に善悪を押し付ける傲慢さ

ゴールデンレトリバーが乳児を噛んで、その子が亡くなってしまうという事件がありました。

その犬が殺処分されるかもしれないということです。

この事件は祖父母が善意で孫の面倒をみていたときに起こっており、非常に悲しくやり切れない思いがあるはずです。

しかし、この犬に人間のルールに従って殺処分にすることは正しいこととは思えません。

news.livedoor.com

動物の命の尊厳

この事件はペットを人間の価値観で家族のように扱い、本来の動物の習性にたいする認識が不十分だったために起こった悲劇なのかもしれません。

この事件に限らず、本来の動物の習性を無視した扱いをして間違った愛情の注ぎ方をしている人も少なくありません。

服を着せたり、人間の食事を与えたりすることは、善意や愛情のつもりでも、動物の命の尊厳を無視している行為です。

 

殺処分をなくす義務

犬は人間の都合でペットとして飼われていますが、年間多くの犬が殺処分されています。

その犬を殺処分することは、ペットを飼うことの責任を果たしていないことではないでしょうか?

動物の命を安易に考えず、覚悟と責任を感じてペットを飼うことを決断することが必要でしょう。

forgood.yahoo.co.jp

まとめ

ペットが人間に怪我をさせたりするのは、人間の管理が不十分なことが理由でペットには責任はありません。

動物の本来の習性を人間のルールに従わせることは、動物の命の尊厳を考えていない行為です。

動物が好きならば、動物の命の尊厳を理解して今回のような事件が起こらないように努力していくべきでしょう。

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
にほんブログ村